Luisa Ungar
ルイサ・ウンガル
アーティストのウンガルはコロンビアの首都ボゴタでビジュアル・アーツを学んだ後、オランダのアムステルダムにあるサンドバーグ・インスティテュートで修士課程を修了しています。ウンガルによる作品は、言語によってどのように社会規範が構築、制度化されているかを探求するもので、教育的言論によって前進される集団的な記憶や表現形態、歴史的物語に関心を持っています。ウンガルによる近年のプロジェクトは、動物をはじめとする非人間による物語を扱い、パフォーマンスやドローイング、テキストなどの手法が取り入れられています。

これまで、ブラジルのポルト・アレグレで行われるメルコスール・ビエンナーレ、スペインやオランダのアムステルダムなど国内外の美術館において展覧会に参加するほか、共同編集者として「DISDISDIS」という出版プロジェクトにも参加。これまで、ロンドンのGasworks、イタリアのRESòでレジデンス・プログラムに参加し、2017年、アーツ前橋でのレジデンス・プログラムで来日しています。

Ungar studied visual arts in Bogotá, Columbia and has an MFA from Sandberg Institute, Amsterdam.
Her work explores how social norms are constructed and institutionalized through language. She is interested in collective memory, modes of representation and historic narratives put forth by pedagogical discourses. Her recent projects deal with narratives involving animality and the non-human, using performance, drawing and text. 

Her work has been shown at different venues such as Mercosul Biennial in Porto Alegre; Centro de Arte Dos de Mayo, Madrid; Museo de arte Banco de República Bogotá; Rong Wrong, Amsterdam; Festival de Performance de Cali; Spring Workshop, Hong Kong; Bienal Sur, Rosario. She has been co-editor of publication projects such as DISDISDIS (On vampires and other forms of conviviality), and Proyecto Asterisco. She has been a resident at Gasworks, TRain Residency in London; RESò, Italy,  Maebashi Arts Center, Japan and AIR Antwerp, Belgium.

Ungar’s RADIO PROGRAMSルイサ・ウンガルのラジオプログラム

CONTRIBUTORSコントリビューター


STATIONSラジオステーション