ATLAS MOUNTAINS - TOKYO - AOMORI
bySara Ouhaddou 04/16/2018

STORYストーリー

Sara Ouhaddou
東京に到着した時、これまでには無かった音に関する何かを試す場になる予感がしました。かつて家族がよく、中央アトラスのベルベル語による古い歌を唄ったり聞いたりしていましたが、私は今回の滞在にあわせて、それらの音をモロッコから持ってきていました。東京は、伝統的な文化背景の中で暮らしていた私に、予期せぬ方法で刺激を与えてくれるだろうと思っていたのです。

東京は、想像以上に沢山の刺激に満ちあふれていました。滞在中、(言語において)中国大陸から影響を受ける前の太古の日本の人々は、どのような生活をしていたのか興味を抱きました。それは、日本でベルベル人を追い求めるような感覚でした。私はそのとき、日本とモロッコが、深い共通点を持っているのではないかと考えたのです。その探求のひとつとして青森を訪れた際には、モロッコで過去に行ったリサーチでも見られたような楽器に出会いました。そして、可能な限りそれらの楽器が奏でる音を集めました。そうすることで、似たような社会・環境のしくみが見られるコミュニティの間で、その類似点を問いかける何かを作ることを試みました。それ以外にも、これまでにもそうしていたように、出会った人びととの会話やインタビュー、ディスカッションなど交流の様子を記録・録音しました。これらは私の作品制作において重要で、多くの場合、新たな問いを投げかけてくれることから、こうして共有することを大切にしています。

このRABATOKYOでは、アフリカ北西部に位置するアトラス山脈の地域で聞かれる歌と青森で収集した音に加えて、東京でリサーチを行った言語としての日本語について、また青森で見た職人の技について紹介します。

When I arrived in Tokyo, I had in mind that it would be the place for my first sound experimentations. I brought some recorded materials with me from Morocco, which are traditional old songs and voices from the Middle Atlas Berber (Amazigh) villages that my family used to listen to or sing. I knew that Tokyo would inspire me more in unexpected ways than being in my environment which is more considered as traditional. I understood that Japan, Tokyo would have much more to offer me than I ever thought. During my stay, I was intrigued  by the question that is who were the Japanese before the Chinese influence, and to me, it was like looking for the Japanese ‘Berber’ (Amazigh). I was curious to find out if Morocco and Japan had something deep in common.

To do so, I explored not only Tokyo and but travelled to Aomori, and during my journey, I have found so many pieces of sound, and instruments that were very close to what I'd researched in Morocco, so I tried to collect their sounds as much as I could. The idea is to create something that questions the similarities between communities particularly when they face the same, similar social and environmental structures.

Furthermore, I always record my journey through the interaction with different people, having interviews, discussion with the persons and working together. Those recordings show my key moments in my work, and most of the time they unlock a question and raise a new one. So, it is important for me to share them.

One soundtrack introduced here is about the similarity between the Atlas Mountains songs and the traditional sounds collected from Aomori. The second one is a journey through my working days having researched about the Japanese language in Tokyo and the craftsmanship in Aomori.

CONTRIBUTORSコントリビューター


STATIONSラジオステーション