Lack of dexterity (human tongues)
byLuisa Ungar 04/25/2018

STORYストーリー

  • Luisa Ungar
コロンビア生まれのアーティスト ルイサ・ウンガルは、2017年、群馬県前橋市にあるアーツ前橋のレジデンス・プログラムで日本に滞在し、全てに霊魂が宿るという考え方や精神のアミニズムに関するリサーチを行いました。
ここでは、当時のリサーチをもとに制作した作品「Human Tongues」より、AITのレジデンス・プログラムで2018年に来日した同コロンビア出身のキュレーター、ナタリア・ヴァレンシアによるイントロダクションを交えてお届けします。

ウンガルのリサーチと制作にあたりご協力を頂いた住友文彦氏、家入健生氏、五十嵐純氏、海老原周子氏、津久井恵美氏に感謝申し上げます。

A Columbian artist Luisa Ungar has participated in the artist in residency program at Arts Maebashi in Maebashi city, Gunma Pref., in 2017. Ungar showed her interest in Japanese animism and her research was developed around that scope.
From having the similar experience which is having being invited to Japan for the residency, and shared interest in the research, Natalia Valencia who is a curator also from Columbia, AIT invited in early 2018, introduces a part of Ungar’s sound work entitled “Human Tongues”, created during Ungar’s previous stay.

Special thanks to Sumitomo Fumihiko, Kensei Ieiri, Jun Igarashi, Shuko Ebihara, Megumi Tsukui, for their generous support for Ungar’s residency and production. 

CONTRIBUTORSコントリビューター


STATIONSラジオステーション