Sadik Kwaish Alfraji
サディーク・クワイシュ・アルフラージ
1960年イラク・バグダード生まれ、オランダ・アメルスフォールト在住。
サディーク・クワイシュ・アルフラージは、美術とグラフィックデザイン、哲学を学び、現在はドローイング、絵画、アニメーション、ビデオインスタレーションを中心に作品制作を行う。
1980年代よりバグダードでアーティストとしてのキャリアをスタートさせ、作品はグラフィックにおける表現主義的な強度と、存在に関する概念や考えを軸にしている。
これまで、数多くの個展をはじめ国際的なグループ展で作品を発表、代表的なものにマトハフ・アラブ近代美術館(カタール)、バジールアート財団(シャルジャ、UAE)、大英博物館(ロンドン、イギリス)、森美術館(東京)、ロサンゼルス・カウンティ美術館、第56回ベネチアビエンナーレなどがある。また、第57回ベネチアビエンナーレではイラク・パヴィリオンに参加。
2015年、オランダのシュルト出版社より、ナット・ミューラー編纂によるモノグラフが発表された。

ウェブサイト:
http://sadik.nl/

Born 1960 in Baghdad. Sadik Kwaish Alfraji works with drawing, painting, animation, and video installation. Alfraji studied art, graphic design and philosophy, and currently lives and works in Amersfoort, the Netherlands. The pursuit of his artistic career begun in the 1980s in Baghdad, depending on the expressionistic intensity of the graphic and focusing on the ideas and concepts of the existence.
His work has been extensively presented in numerous solo and group exhibitions in Asia, Europe, United States, and several art venues such as: Mathaf Arab Museum of Modern Art (Qatar), Barjeel Art Foundation (Sharjah, UAE), British Museum (London, UK), Mori Art Museum (Tokyo, Japan), Los Angeles County Museum (LA, USA), 56th Venice Biennale, among many others. He was also featured in the Iraq Pavilion of the 57th Venice Biennale. A monograph on the artist edited by Nat Mueller was published in 2015 (Schilt Publishing, Amsterdam).

Website:
http://sadik.nl/

CONTRIBUTORSコントリビューター


STATIONSラジオステーション