ANNEAUX DE SATURNE PROJECT | ETUDE 9 | PART 3 (Tunnel) & PART 4 (Passerelle)
byKarim Rafi 06/26/2018

STORYストーリー

  • Karim Rafi
ここで紹介するのは、アーティストのカリム・ラフィによる“Anneaux de Saturne projects”と名付けられたサウンド作品より、さまざまな都市に足を運んだ経験から出来上がったエチュード 9/パート3 & 4 の一部分です。
都市で見られるオブジェクトを変換するサウンド・クリエーションへの仲介、修正、遊歩、移り変わる場所を創造の場にすること。ラフィは、美的特質の出現、政治的かつ詩的経験のための空間を作り、世界と時間とのヴァーチャルな関係をアイディアが循環する新たな場へと変容させようと試みます。

パート3(トンネル)
モロッコのカサブランカ郊外で録音されたサウンドが、フランスのブールジュにある歩行者用トンネルで流される。特定の場所から別の場所まで移動する時に録音されたサウンドが透明な穴(グラスホール)を通り抜けて次元を往来するような効果を生む。
パート4(ヴィアデュック橋)
仮の場所を美的特質の出現、政治的かつ詩的経験のための場に変える目的で、橋に立つ街灯をシチュアシオニスト(状況派)による「転用」を援用して音の拡散システムにすること。

The sound piece is part of the “Anneaux de Saturne project”, untitled étude 9 part 3 & part 4 and is the result of experiences led through several cities.
By his interventions with sound creations, deambulation,
modification of urban objects into artistic objects,
transformation of transitional places into art places : Karim Rafi
creates spaces for the emergence of aesthetical, political and poetical experiences in order to transform these virtual relations with the world and time, into places of circulation of ideas.

Part 3 - (Tunnel)
The sound recorded when moving from a specific place to another place by creating an interdimensional glasshole effect : sound recording on the outskirts (periphery) of Casablanca in Morocco broadcast in a pedestrian tunnel in Bourges (France).
Part 4 - (Passerelle)
Détournement (situationist) of a spotlight on a footbridge into a sound diffusion system to turn transitory places into places of the emergence of poetical and political experiences.

CONTRIBUTORSコントリビューター


STATIONSラジオステーション